薬剤師のドラッグストアへの再就職

ドラッグストアでは薬剤師の設置が義務付けられています。
そのため必ず一人以上は有資格者が勤務しています。
医薬品を取り扱っているので、それの説明をしたり、お客さんからの質問に正しく答えられるためにも必要です。

友達のご主人は薬剤師なのですが、ドラッグストアに再就職して店長として働いています。
ドラッグストアは土日祝日も営業していますので、休みはシフト制です。

接客をする以外にも、売り上げを管理したり、商品の売れ行きなどを管理したりしているので、かなり多忙で仕事に対するストレスも多いようです。
朝に出勤して23時に戻ってくるなどもあるようですし、拘束時間も長いです。

私は少し体調が悪い時には、病院に行かずに薬局で薬を購入してそれで済ますことがあります。
どういった症状にはどれが良いなど質問することもありますし、その時に専門職である資格者さんがいてくれたら、とても助かります。
しかし売上管理などもあり、なかなか店長は大変だなと思いました。

薬剤師のは転職や再就職も容易で、人の健康を支える仕事でやりがりもありますし、資格職なのである程度の収入があります。
大変さは聞いて想像しますが、それでも素敵な仕事だなと思います。
これからも薬局を活用して健康を管理していきますし、薬剤師の方にもお世話になろうと思います。

参考:薬剤師再就職

薬剤師は再就職しやすい仕事

昔の女性は学校を卒業すると大した就職口もないので、男性のもとに永久就職する人が沢山いました。
しかし今では女性が働ける場所は星の数ほどありますから、永久就職する女性は少なくなって来ています。
今は女性と言えども大学を卒業すれば一流企業にだって入社できます。

しかも努力を重ねれば幹部に登用されることも珍しくはなくなって来ているのです。
とはいえ女性は男性と違って結婚や出産で退職を余儀なくされることがあります。
ですから女性は再就職がしやすい職業をはじめから選んだ方が良いと言えます。
結婚や出産で退職したとしても、子供の手が離れれば、また復職して働く事が多いのです。

その時に前に働いた職業によって、再就職のしやすさが変わってくるのです。
何の資格もなければ経験もなければ、復職は難しいと言えます。
ですがしっかりとした資格さえあれば、再就職も容易にする事が出来るのです。
しっかりとした資格の一つに薬剤師があります。

この資格は薬のスペシャリストですから、薬を扱う医療業界だけでなく化学分野や工業分野でも働く事が出来ます。
またドラッグストアなどでアルバイトやパートタイマーで働く事も出来ます。
女性は薬剤師の資格があれば、就職はおろか復職・復帰・再就職も容易にできるのです。
ですからこの資格は、女性にとってとても頼りになる資格なのです。

女性が薬剤師として転職・再就職する際のポイントは?

薬剤師は、清潔な場所で働けるというイメージがある為に、女性にとっては人気のある仕事の一つです。
女性の中には一度結婚や出産の為に家庭に入る人もいます。
でも、薬剤師ならば出産後に再就職したり、或いは子供が産まれてからでも働けるような負担の少ない調剤薬局に復職をする人もいます。
資格を持っている為に、転職や再就職に有利であることは確かです。

しかし最近では、大きな病院が閉鎖になったり地方に移転したりすることも増えています。
大きな病院がなくなれば、調剤薬局も必要がなくなることも考えられます。
一つの薬局に長く勤めるというのは難しい世の中になってきているのです。

また、院内薬局しかなかった時代に比べ、街中の調剤薬局というシステムが根付いた現在の方が新卒の就職先として薬剤師を選ぶ学生も増えてきています。
新人を採用するとなると、転職組には不利に感じる部分もあるでしょう。

薬剤師の就職は以前までの売り手市場ばかりではなくなってきています。

転職や再就職をする際には、専門の支援サービスなどを利用してなるべく早めに自分の希望に合う就職先を見つけるのがポイントです。
良い条件のところほど倍率が上がってしまうので、地道に求人を探すよりは一歩先行く活動が必要となります。